ペップトークセミナーに参加しました!!


おはようございます!

ペップトークセミナーに参加してきました。
とても充実した2日間で、素敵な仲間がたくさんできました!

ポジティブな言葉を使い、周りの人を元気づけようというのがペップトークです。
ペップトークは、試合直前のロッカールームで、監督が選手を送り出す時に使われるのが代表的な例です。
私は「タイタンズを忘れない」という映画の中で、ヘッドコーチ役のデンゼル・ワシントンが選手たちに話すペップトークが好きで好きで、ああいう指導者になりたいと思っていました!
もちろん、日常会話の中でも取り入れることができます。

ジュニアからトップまで、指導者がペップトークを心がけたら、日本のバレーボール界が大きく変わることは間違いないと思います。

海外では、選手に罵声を浴びせなくてもチャンピョンチームを作り成功しているコーチが何人もいます。
「囁きのパワー」というやつです。
言葉をポジティブに操れるコーチは、とても素敵だと思います。
そういうふうになりたいです。

約100名のバレーボーラーがクリニックに参加!!


先日、ブレス浜松の選手とスタッフで湖西アメニティプラザの「アメニティまつり」にバレーボールクリニックの講師として参加しました。
午前中は小学生とママさん、午後は中学生、およそ100名が参加してくださいました!
皆さん、楽しくプレーしていただき、ありがとうございました!