■スクールホームページ

<< GWって何の略? | Main | 今年も梅雨入りしました >>
2018.05.25 Friday author : オーカのスタッフ

松本、ハワイに行ってきました〜!!

もー、本当に最高の旅行でした!!

 

空が青い!

 

海が綺麗!

 

美女揃い!

 

ご飯も美味い!

 

最高❤❤

 

 

・・・まあ、全て私の妄想なんですけどね(笑)

 

ネットサーフィンをしながら、

現実逃避をしていたところ

 

妄想旅行と気になるワードが(笑)

少しはリフレッシュになるかと思いやってみましたが・・・

 

良くわかりませんでした(笑)

 

そんなこんなで、

私のお姉ちゃんの三宅さんがハワイに行ってきたので、

ご報告でーす!!

 

---------------------------------------------------------------

去年に引き続き、今年もハワイの*ショーケースに6人の日本人女子選手たちと参加してきました!

 

*アメリカ全土の大学コーチたちが体育館に集まり、中高生選手を自分の大学にスカウトするイベントです。

ショーケースでは毎年、身長、ジャンプ力等の身体能力テストと、実技テストが行われます。

 

初日は(本人たちによる強い希望により笑)まず海で十分はしゃいだあと、いざ出陣!

若者のさすがの体力。。笑 

 

 

今年は元シーガルズ選手の米村さんにもコーチ兼コーディネータとしてご一緒していただきました。

初めて目にするアメリカ人中高生のプレーを見てこの表情。もう飽きてる子たちもいますね。笑

 

 

いかにもアメリカっぽい身体能力テストの後、

実技が始まる前の米村コーチによる練習にも熱が入ります。

 

 

 

国籍問わず、友達を作るのは得意なようです。さすが。

 

いざバレーが始まると、今年も日本人選手たちへの注目は高く、初日からどんどんコーチたちに話しかけられます・・

コーチたちとそれぞれ名刺交換をして、顔と名前と大学名を暗記するのに私たちも必死です。

 

IMG_8946.JPG

 

IMG_8654.JPG

 

 

全部いきなり英語のところに混じってさらされるわけで、

指示されていることわかってるかなーと不安になるのですが、いざドリル(練習)が始まると立派なものです。笑

 

 

余裕ですね。笑

 

 

これは昔の私の経験談でもありますが、英語がわからなくても、

練習メニュー中は前の選手の動きについていけば全部わかってる風でいけます!

もしまだ英語に自信がなくて、参加を迷ってる方はこのマジック使ってみて下さい。笑

 

 

ショーケースの後は、特別に現地ハワイのクラブ4チームと練習試合!

これがきかっけとなり、来月から短期留学でハワイのクラブチームに参加する選手もいます。楽しみですね!

 

 

今回の参加者は中学1年生、2年生、3年生、高校2年生、3年生で

ショーケース選手登録リベロ5名、セッター1名の即席チームだったのですが

18歳のチームに勝利する場面もありました。

 

 

そしてショーケースの気になる結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

去年に引き続き、今年も高校3年生の選手、全額支給の大学留学決定しました!!

年間27500ドル、およそ300万円が大学よりバレー特待生として支給されます。

 

おめでとう!!

 

 

最終日、ホノルル空港まで行ったら、東京の台風の関係で

まさかの飛行機が飛んでいなく、ハワイ滞在が一日延びるというイベントもありましたが、

無事に帰国しました。

 

みんなが大人になった時、いい思い出の一つとして思い出してくれたら嬉しいです。笑

 

選手たち6人のインタビュー動画です。

 

---------------------------------------------------------------

そしてそして・・・

今年もサマーキャンプ開催です!!

コンコーディア女子 7/28〜8/3(女子)

UCLA男子 8/9〜8/14(男子)

 

 

去年の様子はこちら!

関東大会に出られずに悔しい思いをしている中学3年生は武者修行に!!

なんか物足りない・・・と感じている高校生にはもっとおススメ!!

ハイレベルのバレーボールを感じてこーい!!

 

| オーカバレーボールクラブ&スクール | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT







TRACKBACK URL
http://ohca-volley.jugem.jp/trackback/274
TRACKBACK